Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
収集データ

【ADR】英国株10種とEWUを長期チャートで比較・考察

はじめに

「ADR」(American Depositary Receipt)とは、米国預託証券とも呼ばれ、NYSEなどアメリカ市場を通じて(アメリカ以外の)海外株を購入出来る証券のことです。

最近では、SBI証券楽天証券などADR取扱銘柄増えて来て、米国株式と同じように購入出来るため、非常に便利です。

そうした中、英国株(ADR)個人投資家の間でも人気を集めています。

英国株(ADR)の魅力は、何と言っても「外国源泉税額」がかからない点。

そのため、特に配当金狙いでNISA口座での買い付けに選ばれる事も多い(※)のが特徴です。

(※)米国株の場合、NISA口座で買い付けても、国内の税額は非課税になるものの、10%の外国源泉税額は発生してしまうため。

要するに、NISA口座買付の場合は、英国株(ADR)税金がお得!という事(※)です。

(※)特定口座買付の場合は、外国税額控除という制度があるため、必ずしもこの限りではありません。

そこで、本記事では、英国株(ADR)主要銘柄10種をピックアップし、英国株インデックスETF「EWU」と併せて長期チャートで一気に比較・考察してみます。

 

英国個別株(ADR)10種概要

※ティッカーコードは米国市場での表記です。

HSBC(HSBC)・・・世界的な総合金融グループ。ロンドンに本社を置く。母体は香港上海銀行で1991年に設立。

BTI(ブリティッシュ・アメリカン・タバコ)・・・世界最大のタバコ会社。「ラッキーストライク」「ケント」「クール」等が有名。世界180か国でタバコ販売。

RDSB(ロイヤル・ダッチ・シェル)・・・欧州石油メジャー(垂直統合型)。オランダに本社を置く。ホタテ貝のロゴマーク。ロイヤル・ダッチとシェルが2005年に合併。

BP(BP)・・・欧州石油メジャー(垂直統合型)。確認埋蔵量で世界第二位。傘下子会社がスタンド併営でコンビニも展開。

GSK(グラクソ・スミスクライン)・・・グローバル製薬企業。呼吸器・抗ウイルス・ワクチンに強い。「シュミテクト」「ポリデント」も有名。世界150カ国でビジネス展開。

AZN(アストラゼネカ)・・・総合製薬会社。抗がん剤、糖尿病薬、抗ぜんそく薬に強い。世界売上高ランキング第10位(2016年)。

DEO(ディアジオ)・・・英国酒類大手。「スミノフ」「ギネス」「ジョニー・ウォーカー」等が有名。ギネス社とグランドメトロポリタン社が1997年に合併。

VOD(ボーダフォン)・・・英国通信サービス会社。約30ヵ国の電気通信事業を有する。2012年にケーブル・アンド・ワイヤレスを買収。

UL(ユニリーバ)・・・家庭用品世界大手。オランダと英国に本社を置く。「リプトン」「Dove」「LUX」等が有名。1929年にマーガリン会社と石鹸会社が合併。

NGG(ナショナルグリッド)・・・英国公益事業会社。送電ガス供給を行うイギリスの電力自由化(1980年代)に伴って生まれた会社。

 

英国株ETF「EWU」概要

※データは2017年10月24日地点。

ここで、iSharesが運用する、英国株インデックス指数「MSCI United Kingdom」連動のETF「EWU」概要についても触れておきます。

構成銘柄TOP10は上記の通りです。

 

RDSAとRDSBが別々にランクインしている事を踏まえると、実質はTOP9ですね。

公益事業株のNGG(ナショナルグリッド)はこの表ではランクインしていません。

ETF概要です。構成銘柄109種

 

出来高、流動性については(個人投資家にとっては)問題ない水準ですね。

PERは24倍と、特別割安感はありませんが、分配金利回りが4.91%と、米国株ETFと比較してもかなりの高配当水準です。

一方、信託報酬に関しては0.48%と、(ETFとしては)割高感が否めません。

そのため現状では、このETFを単体で購入するよりは、TOP10銘柄を個別株で買い持ちした方が良いかな、という印象です。

本記事では、英国個別株とのチャート比較対象としてEWUを用います

 

英国ADR10種(+EWU)比較チャート

※出典はYahoo Finance(英語版)。

※画像が小さくて見辛い場合、クリックで拡大できます。

※チャートには配当(再投資)は加味されていません。

全期間

まずは全期間(1996年以降)チャートです。

 

パフォーマンスのトップ1位はBTIで約753%、ワースト1位は(見辛いですが)HSBCで約40%、ワースト2位に僅差でEWU(市場インデックス)が約42%、という結果に。

まずは何と言っても、タバコ銘柄のBTI冗談みたいに突き抜けてます。流石はシーゲル先生お墨付きのタバコビジネス。

次に目を引くのは、VOD(ボーダフォン)が2000年頃をピークに激しい山を形成している点。やはり、ITバブルの影響の激しさを物語っていますね。

ちなみに、ITバブル崩壊ソフトバンクの株価も一時、100分の1に下がったそうです。当時は大変だっただろうなぁ・・。

直近5年間

直近5年です。

 

パフォーマンス1位はAZN(アストラゼネカ)で約48%、ワースト1位はRDSB(ロイヤル・ダッチ・シェル)で約-12%。

あわせて読みたい
【バンガード】米国株セクターETF10種を長期チャートで比較・考察はじめに 米国株ETFの分析・比較記事については、既に諸先輩方が数多くの記事を上げられているところです。 その中でも、結局どのE...

以前、バンガードセクターETF比較の記事(※)でも書きましたが、やはり直近5年はヘルスケア期待が顕著ですね。

ヘルスケア業種シーゲルセクター今後も長期的に有望ですが、AZN含め、今から仕込むには少しバリュエーションに慎重になった方が良いのかも知れません。

反面、エネルギーセクターRDSB長期低迷からの底打ちも見え、仕込み時としても悪くないタイミングに見えます。(※投資判断は自己責任にてお願いします)

直近2年間

直近2年です。

 

パフォーマンス1位はHSBCで約25%、ワースト1位はNGG(ナショナルグリッド)で約-20%。

イングランド銀行(英中央銀行)の利上げ期待が(1つの要素として)金融株を押し上げた形、だと著者は理解しています。

利上げ期待→金融株が買われる、という流れは、先述の米国株セクターETF比較記事で挙げた内容とも類似性を見出だせます。

反面、この期間では公益株の不人気も目立ちますね。

直近1年間

直近1年です。

 

パフォーマンス1位はHSBCで約28%ですが、ほぼ同着でUL(ユニリーバ)が約28%で2位につけています。ワースト1位はNGGで約-11%。

ユニリーバの好調、(市場平均と比較しての)大幅なアウトパフォームが目立ちますね。

 

まとめ

まとめておきます。

・長期(1996年以降)で見ると、BTI(タバコ)が断トツ1位。反面、ワースト1位はHSBC(金融)。

直近5年では、1位はAZN(ヘルスケア)。ワースト1位はRDSB(石油)

・直近2年では、1位はHSBC(金融)。ワースト1位はNGG(公益)

・直近1年では、1位はHSBC(金融)、ほぼ同着でUL(生活品)。ワースト1位はNGG(公益)。

なお、配当再投資を前提とした投資パフォーマンスを表すランキング(チャート)ではない、という点にはご留意下さい。

 

おまけ~直近配当利回りTOP5比較チャート~

おまけで、直近の配当利回りTOP5銘柄と、そこに絞った比較チャートも掲載しておきます。

【第1位】BP・・・6.19%

【第2位】RDSB・・・6.00%

【第3位】VOD・・・5.64%

【第4位】GSK・・・4.86%

【第5位】HSBC・・・4.07%

※配当利回りは2017年10月24日地点で集計。出典はYahoo!Finance。

全期間です。

 

直近5年です。

 

直近2年です。

 

直近1年です。

 

関連記事~米国株関連記事【四季報・チャート・etc】~

あわせて読みたい
米国株の業種別予想PERの変化と考察【2017年】はじめに 米国株投資家にはおなじみの、米国会社四季報【秋冬号】(※)が最近発売されました。 (※米国会社四季報・・・S&...
あわせて読みたい
【バンガード】米国株セクターETF10種を長期チャートで比較・考察はじめに 米国株ETFの分析・比較記事については、既に諸先輩方が数多くの記事を上げられているところです。 その中でも、結局どのE...
あわせて読みたい
【ADR】英国株10種とEWUを長期チャートで比較・考察はじめに 「ADR」(American Depositary Receipt)とは、米国預託証券とも呼ばれ、NYSEなどアメリカ市場を...
あわせて読みたい
【ダウ銘柄】主要米国株のベータ値ランキングと考察はじめに〜低ベータ銘柄で暴落(調整)に備えよう!〜 ベータ値とは、市場平均と比較して、値動きが大きいか小さいかを測る指標です。 ...
あわせて読みたい
【3分で分かる】『EV/EBITDA倍率』って何?PERは時代遅れ!?PERは時代遅れなのか? 株式投資の売買判断の上で、個人投資家にとってはポピュラーな指標の「PER」。 もちろんPERだけで全て...
あわせて読みたい
【ダウ銘柄】3種の割安度指標で米国株を一気に比較・考察はじめに https://investorkei.com/archives/18928 「EV/EBITDA倍率」は、「その企業...
あわせて読みたい
【不人気優良株】下落中の米国株10銘柄を長期チャートで比較・考察はじめに 2017年は、周知の通り米国株市場全体が堅調の年です。 直近1年間で、S&P500指数は+18.46%上昇(※...
あわせて読みたい
【ADR】豪州株10種と「EWA」を長期チャートで比較・考察はじめに https://investorkei.com/archives/18819 以前、NISA口座での買付でオススメの英...

関連記事です。当サイトではなるべく、投資初心者の方にも読みやすくて分かりやすい分析記事を心がけています。