Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
投資コラム

【3分で分かる】『EV/EBITDA倍率』って何?PERは時代遅れ!?

PERは時代遅れなのか?

株式投資の売買判断の上で、個人投資家にとってはポピュラーな指標の「PER」。

もちろんPERだけで全てを判断出来る訳ではないものの、株価の割安度を示す指標として、著者も売買の際は必ずチェックしています。

(ちなみに「PERが何か」という件に関しては、上記サイト様の説明が非常に分かりやすく、復習にもオススメです。)

しかし最近ふと耳にして気になったのが、機関投資家は「PER」をあまり見ず、「EV/EBITDA倍率」を重視する、という情報です。

言葉で発音すると「いーびっとでぃーえー ぶんの いーぶい」という、いかにも小難しそうに聞こえるこの指標は、一体何なのか?

この「EV/EBITDA倍率」という指標について、本記事では「ざっくり」に割り切って、3分で読めるようなるべく簡潔に説明してみます。

 

EV/EBITDA倍率とは ~超ざっくり説明~

EV/EBITDAは、一言で言うと「その企業を買うのに何期分のキャッシュが必要になるか」を表す指標です。

PERよりも「企業の本質的価値」をより強く反映する指標として、M&Aを含め、実務でも良く使われます。

この値が高いほど割高、低いほど割安という事ですが、適正倍率が業種によって異なるため、一概には言えません。

そのため、同業他社間でのバリュエーションの比較に強い効力を発揮します。

 

PERとの違い ~設備投資とキャッシュが鍵~

PERとの大きな違いは、PERが「株主利益に帰属する指標」であるのに対して、EV/EBITDAは「BS(バランスシート)の項目にも左右される」という点。

BSの項目というのは、つまり現金と負債(と現金同等物)の事です。

したがって、その事業の「設備投資」や「キャッシュ」によって分母が左右され、値も大きく変わります。

ここで、設備投資が少なく大きなキャッシュを生み出せるビジネスと言えば、代表的なものは何でしょうか?

あわせて読みたい
激論!たばこ業界は本当に衰退するのか?【岩波慶×Hiro氏】たばこ産業は今後、本当に衰退するのか? 兼ねてから、疑問に感じていた事がありました。 米国個別株の中で、必ずと言って良いほど優良...

そう、タバコビジネスです。(詳しくは上記事をご参照下さい)

PM(フィリップモリス)、MO(アルトリア・グループ)、BTI(ブリティッシュ・アメリカン・タバコ)といった企業群がこれにあたります。

(タバコを含めた包括的な)「消費財」セクターEV/EBITDA11.47(※)という値ですが、

タバコ業種のみでは9.24(※)という小さな値になっている事からも、上記の特徴が分かります。(※2017年11月14日集計。出典はStock Analysis on Net。)

反対に、設備投資が大きく、生み出せるキャッシュが少ない業種だと、EV/EBITDAの値も相対的に高くなる傾向があります。

 

EV/EBITDAの問題点

このように、有用な指標として使われるEV/EBITDAですが、どんな時でも必ず万能という訳ではありません。

企業が意図的に設備投資を水増しする事により、EBITDAの値を操作出来てしまう、という指標の問題点も明らかになっています。

インターネット・バブルの頃、アメリカの通信事業者であるワールドコムがこの指標を不正に利用した過去があります。

そのため、「EBITDAのような会計基準に基づかない指標企業が公表する際には、会計基準に基づく指標を併記しなければならない」という規定も存在します。

 

【※補足】「EV」「EBITDA」の計算式

以上、3分でざっくり説明してみましたが、いかがでしょうか?

そろそろ時間が迫って来ましたので、最後に、「EV/EBITDA倍率」の元となる「EV」と「EBITDA」の計算式を以下に示します。

EV=株式時価総額(株価×発行済株式数)+ネット・デット(純有利子負債)

EBITDA = 税引前利益 + 特別損益 + 支払利息 + 減価償却費(有形固定資産償却費と無形固定資産償却費の合計)

本記事では上計算式の詳細は割愛しますが、もし興味がありましたら是非掘り下げてみて下さい!

 

関連記事~米国株関連記事【四季報・チャート・etc】~

あわせて読みたい
米国株の業種別予想PERの変化と考察【2017年】はじめに 米国株投資家にはおなじみの、米国会社四季報【秋冬号】(※)が最近発売されました。 (※米国会社四季報・・・S&...
あわせて読みたい
【バンガード】米国株セクターETF10種を長期チャートで比較・考察はじめに 米国株ETFの分析・比較記事については、既に諸先輩方が数多くの記事を上げられているところです。 その中でも、結局どのE...
あわせて読みたい
【ADR】英国株10種とEWUを長期チャートで比較・考察はじめに 「ADR」(American Depositary Receipt)とは、米国預託証券とも呼ばれ、NYSEなどアメリカ市場を...
あわせて読みたい
【ダウ銘柄】主要米国株のベータ値ランキングと考察はじめに〜低ベータ銘柄で暴落(調整)に備えよう!〜 ベータ値とは、市場平均と比較して、値動きが大きいか小さいかを測る指標です。 ...
あわせて読みたい
【3分で分かる】『EV/EBITDA倍率』って何?PERは時代遅れ!?PERは時代遅れなのか? 株式投資の売買判断の上で、個人投資家にとってはポピュラーな指標の「PER」。 もちろんPERだけで全て...
あわせて読みたい
【ダウ銘柄】3種の割安度指標で米国株を一気に比較・考察はじめに https://investorkei.com/archives/18928 「EV/EBITDA倍率」は、「その企業...
あわせて読みたい
【不人気優良株】下落中の米国株10銘柄を長期チャートで比較・考察はじめに 2017年は、周知の通り米国株市場全体が堅調の年です。 直近1年間で、S&P500指数は+18.46%上昇(※...
あわせて読みたい
【ADR】豪州株10種と「EWA」を長期チャートで比較・考察はじめに https://investorkei.com/archives/18819 以前、NISA口座での買付でオススメの英...

関連記事です。当サイトではなるべく、投資初心者の方にも読みやすくて分かりやすい分析記事を心がけています。