Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
株現地視察

【現地視察】メイシーズ(M)は店舗再編の苦境に立つ米国最大級の百貨店

メイシーズの概要

メイシーズ(M)はシンシナティのR.H.メイシー社が経営する、ニューヨークに本部を置く米国最大級の高級百貨店です。

日本の立ち位置で言うと、伊勢丹、高島屋、三越あたりがしっくりくる感じでしょうか。

近年はアマゾンの脅威に押され、2017年1万人近いリストラ63店舗の閉鎖を行うなど、店舗再編の苦境に立っています。

今回はニューヨークの実店舗に足を運んでみたので、店内の様子をレポートしてみます。

 

NY実店舗レポ

エンパイア・ステート・ビルから程近く、マンハッタンにおいても目を引く超巨大店舗を構えるメイシーズ(Macy’s)。

屋根付きのエントランス前では、オープン前から立ち並ぶ客も、ちらほら。

オープンと同時に入店すると、アップテンポな音楽が流れ、従業員が総出で拍手のお出迎え(!)

ただ、BGMが(何故か)PSYの「江南スタイル」・・・そこはもうちょい、Despacitoとか新しめの選曲でも良かったのでは?

入り口付近では一時、客の賑わいを感じたものの、

エスカレーターに乗って上層階に上がる頃には・・

人の流れも段々とまばらになり・・・

2階以降は、ちょっと衝撃を覚えるほどガラガラ(!?)。

オープン直後とはいえ、米国最大級の百貨店である、あのメイシーズですよ?

スーツケース販売コーナーでは、様々なデザインの商品が。

全体的に価格帯は高く、500ドル程度から、1000ドルを超える高級モデルもちらほら。

エスカレーターは木造風趣深く、ちょっとしたアトラクションのようです。

うーん・・・

それにしても・・・

本っ当にガラッガラ。とにかく客が全然いません。

入り口で一瞬だけ感じた賑わいも、その後は全く遭遇せずNY市内では珍しく「物寂しさ」すら感じました。

 

感想まとめ

アマゾンの進出で、店舗再編の苦境に立つメイシーズ。

その認識を持ってはいましたが、それにしてもNY中心地でこれほど空いている店舗には初めて遭遇しました。

とにかく人がいないんです。あまりにもガラガラで、客目線でも「あ、これヤバいわ」って実感します。

入店時にはスタッフ総出のウェルカム拍手「随分盛大にお迎えされるなあ」と感じましたが、

裏を返せばそれだけ接客に力を入れる必要性に迫られている、という穿った見方も出来ます。

そんなメイシーズ全くの無策という訳ではなく、(百貨店としては異例の)化粧品の値下げも積極的に行っています。

しかし、それでも人件費実店舗運営コストは嵩み、価格競争力ではアマゾンに勝てないでしょう。

2015年から株価は下がり続け配当利回りは一時7%を超える水準まで達しましたが、

減配リスクの織り込みも含め、迂闊に手を出せる銘柄でない事は確かです。

2018年から株価は反発しているものの、「今までの株価はマーケットの過度な悲観」だったのかどうか、

今後の動向を慎重に見守る必要があります。